自動車の種類は大きく分けて二種類

まず・・・・この記事は

※自動車に興味がある。でも・・・

自動車ってどんな種類があるの?と思ってる方

まず、自動車には大きく分けると二種類です。

  • 普通自動車 
  • 軽自動車

大きく分けると、この二種類になります。

普通自動車とは・・・

  • 白いナンバープレート(緑色に白文字なども有)
  • 車両総重量が3.5トン未満の自動車(車検証に記載されている『車両総重量』内容です)
  • 最大積載量が2トン未満の自動車(車検証に記載されている『最大積載量』内容です)
  • 車両定員が10人以下の自動車(車検証に記載されている『乗車定員』内容です)
  • 上記より数字が多きものは『中型車』とか『大型車』という表現になります
  • ナンバープレートが『品川500(又は300)』などの数字が入ってる(都市部では31Aなど、英数字が入ってるも有

軽自動車とは・・・

  • 黄色いナンバープレート(緑色に黄色文字も有。でも数年前、一部白色プレートも有)
  • 全長が3.40m以下の自動車(車検証に記載されている『長さ』の内容です)
  • 全幅が1.48m以下の自動車(車検証に記載されている『幅』内容です)
  • 全高が2.00m以下の自動車(車検証に記載されている『高さ』内容です)
  • 排気量が660cc以下の自動車(車検証に記載されている『排気量0.65L』などの内容です)
  • 乗車定員が4名以下の自動車
  • 貨物積載量が350kg以下の自動車(軽トラックなどです)
  • ナンバープレートが『品川580(又は480)』などの数字が入ってる

大きく分けて、自動車はこの二種類に分かれます。

ここから、サイズなら中型車大型車使用する用途は自家用・事業用など区別されていきます。

まずここから、街中を走る自動車をみて普通車や軽自動車を見ていただきたいです。

それが『自動車ってどんな種類があるの?』という最初の答えだと思います。

コメント